まんまる太陽【雲の中の夕陽】を撮影 地球の約109倍大きい!? 地球平面説

☑フラットアースの太陽とは

一般的なデジカメで撮影した夕陽。雲の中に埋もれる様に近くに感じる事が出来ます。太陽は地球の約109倍で1億5000万キロ離れているのでしょうか。

地球平面説 フラットアースでの太陽は小さくて近い所に存在する。そんなトンデモ話に興味のある方に向けてこの記事を書いています。

☑SUNスポットと太陽フレア

雲の中に埋もれる夕陽

条件が合えば素人の筆者でも普通のデジカメで夕陽を綺麗に撮影する事ができる。雲にはSUNスポット(太陽光のスポット)が見える。

認識していた太陽フレア。地球は軽くフレアに飲み込まれてしまう。太陽フレアはそれほど大きい。

右写) 今回撮影した太陽。煮えたぎる容姿や とてつもない大きさの太陽フレアは確認出来ない。

【雲の中の夕陽】動画はこちら↓

☑NASAの画像や映像は本当なのだろうか。

NASAのロゴ

NASAのロゴには秘密があった!?

NASAのロゴには秘密があった!? まさかヘビの舌!?

ヘブライ語で「NASA」とはどのような意味なのだろうか? 翻訳してみた。

ヘブライ語で「NASA」は「だます」となった…。騙す。※英語「NASA」→ヘブライ語「להונות」→日本語「だます」

NASA画像 ISS CG

私達は「だまさ」れているのかもしれない…。信じるか信じないかは自分で考察してみてからでも遅くない。

惑星はプラズマ!? NIKON P1000で撮影出来るらしい!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA