フラットアース 地球平面説で見る太陽の軌道 太陽は遠ざかり(沈む)そして近づく(登る)!?

Flat Earth 地球平面説では、太陽は沈まないし登らない。平面大地の上空をぐるぐる回っている。なぜ太陽は朝日と夕陽、太陽が登っては沈む現象が見られるのか?

FlatEarthにおける太陽と月の軌道

☑この記事のテーマは

地球平面説での【太陽の軌道】朝日と夕陽をフラットなテーブル上で再現が可能なのか試してみました。フラットアースに興味のある方に向けてこの記事を書いています。

フラットアースにおける【太陽の動き】の検証

横から見るとこの様な感じです。ロウソクを太陽に見立ててテーブル上を水平に移動させます。反対側からその様子を撮影します。※水平移動させる為にミニカーを使用。

FlatEarthにおける夕陽「太陽は遠ざかる」事で沈んでいく様子。

実験では水平に移動させたロウソク(太陽)が徐々に沈んでいく様子を再現する事が出来た。

FlatEarthにおける朝日「太陽が近づいてくる」事で登って来る様子。

ロウソク(太陽)を水平移動しカメラに近づけて行くと、今度は朝日の様に登り始めた。地球が球体で無くても太陽の動きを説明出来る理論のようだ。

地球平面説における太陽の動きの実験動画はこちら↓

Flat Earth理論では太陽は沈むのではなく「遠ざかっている」。

自然界の光の屈折、視野角や消失点。私達は大気層や温度差によるレンズを通して太陽を見ているとか…!?

人間の目もレンズ…
フラットなテーブル(大地)でロウソクを太陽と見立てて考察してみました。
ロウソクを遠ざけ近づけると「太陽」は登り降りする現象を撮影。

■実験道具は某100円均一で揃えました♫

  • ロウソク
  • ミニカー(水平移動用)
  • フラットレンズ(自然界の光の屈折等)
  • 固定用クリップ
左からミニカー、ロウソク、フラットレンズ、固定用クリップ

今回撮影はスマホで行いました。スマホの固定にはスマホホルダーアームを使用。いろいろ使えるので便利です。

☑太陽は地球から遠く、とても大きいとしたら? 筆者が 近所で太陽(夕陽)を観測してみました♫↓

【雲の中の太陽】太陽をとても近くに感じる映像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA