NASA公式•地球の画像 ザ ブルーマーブル 2001年と2012年 比較検証 雲と大陸の修整

☑宇宙から撮影したとされるNASA公式の地球画像の「雲のコピペ」と「アメリカ大陸の大きさ」の不自然について検証してみました。

数々の修整ミスなど粗が多いNASAの画像や動画に興味のある方、宇宙から撮影したとされる球体の地球に疑問をお持ちの方に向けてこの記事を書いています。

☑NASA公式 2001年•2012年のブルーマーブル比較

NASA公式の地球の画像 ザ ブルーマーブル (青いビー玉)とは↑画像をタップ。

  • アメリカ大陸がやけに大きい。
  • 2012年は微妙に楕円になっている。
  • 海の色や大陸の色合い

パッと見ていただいても、画像編集で修整しているのが見て取れます。色合いを調整するのはまだ分かります。アメリカ大陸がやけに大きくなってしまっているのはやり過ぎではないでしょうか…

☑2001年の地球の画像の「雲」が不自然

□で囲んだ部分には同じ形をした雲が見える。
□付近の拡大画像。

アポロ計画時に月から撮影した地球。雲は明らかにコピペされている。地球が青い事も球体である事も高度上空から観測出来ない事には確かめる術がない。

地球が球体では無かったとしたら、どの様な形なのでしょうか…。最近はYouTubeで高度気球を上げてフラットな地平線動画をアップしているサイトもあります。

大地は平で不動。昔は天動説が主流だった。地球平面説(フラットアース)

まだまだバグの多いNASAの画像や動画を皆さんも検証してみてはいかがでしょうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA